現金化 闇金業者

闇金が使う現金化の良い条件は典型手口を採用している

この手の業者が現金化を使い、ユーザーから暴利を貪る場合の典型的なパターンとしては、キャッシュバック方式を採用していることが多いものです。

キャッシュバック方式とは、まず業者から商品を購入します。
そしてその後に手数料を差し引いた金額を業者から振り込まれるということです。

商品は大して価値もないものが多く、例えば駄菓子屋などで売っているビー玉などを30万円などといった高値で購入させます。
5万円の手数料を差し引いて25万円の現金化ができたということになります。

融資詐欺も存在する

キャッシュバック方式は、業者との間の信頼関係があって初めて成り立つ現金化方法です。
まともな業者ならば、前述にある通り、25万円を振り込んでくれますが、中には、決済をしたことを良いことに、1円も振り込まない業者も存在します。

単純にクレジットカードの借金が増えるだけですね。
業者の選定には、時間を掛けてでも行い、信頼しても良い条件を持っている業者で行うべきなのです。

こういった融資詐欺は、形を変えていつの時代でも行われている手法ですから、気をつけるようにしましょう。
キャッシュがどうしても欲しい。
どんな方法でも手に入れたいという弱味に漬け込むのが犯罪者の手法になります。

振り込みをしてくれればまともな業者なの?

振り込みをしてくれない融資詐欺は最悪のパターンとしても、それでは振り込みをしてくれる業者であれば、まともな業者なのかといえば、そうでもありません。

例えば、50万円の商品を購入し、キャッシュバック方式の現金化を行って40万円が振り込まれた。
10万円は手数料などという名目で業者の取り分になるとしましょう。
実際にこういった現金化業者は多いです。

40万円のキャッシュを手に入れることができたのだから、まともで信頼できる業者だとあなたは思うでしょうか。冷静に考えてみましょう。
この10万円はクレジットカードで借りた金額の実に20パーセントにもなるのです。

事実、クレジット会社に50万円の返済をしなければならないのは、1ヶ月後になります。
ということは、月に20パーセントという利息で借金をしたことになります。
これを年利に直すと、235パーセントという暴利で借金をしたことになるのです。

消費者金融に定められている金利の上限は18パーセント。
一般的には5パーセントから18パーセントの年利で営業をしているところが多いですから、どれだけ不利な状況で借金をしているかが分かるでしょう。

これこそが闇金業者の典型的な手口です。
一般的な金融機関や消費者金融からは融資してもらえないという弱味につけこみ、さも親切な顔を装って、とてつもない借金をさせるのです。

消費者金融からは融資してもらえない。
こういった場合で、本当にキャッシュが入り用になった時にのみ、現金化を行わないと、本当に損をしてしまうことになることは、覚えておきましょう。

返済額元金4倍以上は当たり前

現金化を考える方は、前述にもある通り、本当に困っている方が考えるキャッシュ取得方法と言えるでしょう。
ですが、目先の融資額に惑わされて、冷静な判断ができなくなっていると、こういった悪質なからくりにまんまと騙されてしまいます。

キャッシュバック方式であろうと、買い取り方式であろうと、金貨金融のような手法であろうと、基本的には手数料をしっかりとチェックする癖をつけましょう。

相場としては、業者として現金化をした場合には、犯罪行為になりますから、業者もリスクを背負っているわけです。
このように、安い金額で現金化をしてくれるところはほとんどなく、単純に計算すると、年利約300パーセント前後で返済額は、元金の4倍以上にもなるといったケースが多く見られています。

現金化までしなければ、キャッシュを手に入れられないという状況の方ですから、さまざまな方面に借金を作ってしまっていることが予想されます。

冷静に考えて元金の4倍も返済をすることなどは不可能ですから、手を出すと後に待っているのは、破産しかないと言っても過言ではないでしょう。

現金化は、典型的な闇の金融業者が使っているからくりが採用されています。
一般的な消費者金融では考えられないほどの利息を設けていることがほとんどであり、年利300パーセント前後が相場。

以上、闇金が使う現金化の良い条件は典型手口を採用している...でした。
詐欺業者であるか否かも大事ですが、手数料の額の面も注目して、業者の選定は念には念を入れて行うべきなのです。

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ