結婚式の服装マナーや資金面を確認しておけばドレス選びも簡単になる

披露宴は新郎新婦をお祝いする席です。参加する時は、服装のマナーをしっかり守りましょう。ドレスの色や素材、露出度に気を付ければ、ふさわしい衣装を選ぶことができます。

結婚式の服装マナーや資金面を確認しておけばドレス選びも簡単になる

日本女性の平均初婚年齢は29.4歳だと言われています。女性は30歳前後になると、多くの結婚式に招かれるようになります。ドレス選びに迷ってしまう方も多いと思いますが、披露宴に出席する場合は、自分の好みやお洒落さよりも服装マナーを優先しましょう。一度マナーを学んでしまえば、今後のドレス選びも楽になるはずです。

服装マナーを学べばドレス選びの役に立つ

日本人女性の結婚タイミングは、20大後半から30代前半に集中しています。20代前半までは参加する機会があまりなかったのに、20後半になって突然たくさんの結婚式に招かれるようになったという女性は多いでしょう。

友人の門出を祝福できるのは嬉しいけれど、どんな服装で参加すれば良いかわからないという方もいるはずです。せっかくの友人の晴れ舞台ですので、お洒落をしつつマナーを守った服装で参加しましょう。

結婚式の服装マナーをきちんと知っている人は、意外と少ないのが現実です。一度しっかりマナーを学べば、服装について悩むことも少なくなるでしょう。新しいドレスを選ぶ時にも、役に立つはずです。

白っぽいドレスや全身黒コーデは避けよう

ドレスを選ぶ際には、まず色に気を付けましょう。絶対に避けたいのは、白色のドレスを選ぶことです。白色は花嫁の色だとされていますので、参列者が白のドレスを着ることは新婦に対して失礼になってしまいます。

また白色ではなくても、クリーム色や薄いピンクなど白っぽい色は避けた方が無難です。肉眼で見れば白には見えなくても、写真に写るとフラッシュの光で色が飛び、白っぽく写ってしまう場合があります。当日は気にならなくても、写真で見返した時にマナー違反だと思われてしまう可能性があります。

また黒のドレス自体は大丈夫ですが、全身を黒で統一するのはやめましょう。喪服を連想させるので、結婚式ではタブーとなります。

過度な露出は控えて上品なコーディネートを心がける

販売されているパーティ衣装のほとんどは、ノースリーブやキャミソール、ベアタイプのものです。このタイプの衣装は華やかに見えるので、とても人気があります。しかし、これらのドレスを着て披露宴に参加する時は、ボレロやストールなどの羽織を着る必要があります。

披露宴に参加する場合、気を付けたいのが肌の露出度です。悪目立ちしたり、品がなく見えたりしてしまう可能性があります。二次会では羽織を脱いでも構いませんが、新郎新婦の親族が参加する披露宴では、過剰な露出は絶対にNGです。上品なコーディネートを心がけましょう。

動物製品はフェイクであってもマナー違反

結婚式はお祝いの席です。殺生を連想させる素材は、基本的に身に付けないようにしましょう。革製品や動物の毛皮は、基本的には好ましくないとされていますので、注意してください。

パーティ衣装売り場によくあるファーも、披露宴には禁物です。たとえフェイクであっても、他の参列者の人からは簡単にはわかりません。また毛が飛び散って他の人の衣装についてしまったり、料理に入ったりしてしまう可能性もあります。マナー違反だと思われないように、初めから付けないようにしましょう。

羽織やアクセサリーを変えてアレンジしよう

結婚式の服装を揃えるのには、お金がかかります。何枚も衣装を用意できないという方は、羽織やアクセサリーを変えてみてください。雰囲気がらりと変えることができます。

しかし式に参加するのには、衣装の他にもお祝儀や交通費、宿泊費がかかります。どうしてもお金が足りないという方は、クレジットの現金化がおすすめです。クレジットの現金化とは、カードのショッピング枠を現金に換金することです。

現金化には自分で取引を行う方法もありますが、知識が少ないと損をしてしまう可能性があります。始めての方は、現金化の専門業者に頼む方が良いでしょう。どうしても資金が足りない時は、活用してください。

披露宴に出席する時には、ドレスの色や素材、露出度などに気を付けてください。結婚式の服装マナーを守ることは、招待してくれた人への最低限の礼儀です。披露宴には新郎新婦の親族や会社の上司など、さまざまな年代の人が参列します。衣装を選ぶ時は、参加者全員から好感を持たれるような上品なものを選ぶのが良いでしょう。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ