現金化 新幹線回数券

早い段階で新幹線回数券を把握する現金化がベスト!

回数券等をで購入すると、一時停止、または強制契約解除されるといった噂を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
こういった方の中の多くが、で本当に回数券等が購入できるのか?という疑問を持っています。

ズバリ、答えから言ってしまうと、回数券の購入は、クレジットカードでも購入が可能です。
世の中には、商品券の類が存在していて、ざっと上げると、有名百貨店などの商品券やギフト券やギフトカード。
更にはチケットや切手なんてものがあります。

この商品券関連の中でも、最も高額で取引されているのが、百貨店の商品券と交通機関の回数券になります。
ただ、百貨店の商品券に関しては、なんとキャッシュのみでの購入しかできず、クレジットカードを使うことができないのです。

こうなって来ると高還元で現金化をしたいと思った場合に思いつくのが回数券となるのは、もはや必定と言ってよいのです。

カードチェックはされることを覚悟しておく

クレジットカード会社に関しては、クレジットカードを使い、交通機関が発行する回数券を購入することに、非常にネガティブになっています。

換金率が金券ショップで売却した場合でも、95パーセントから98パーセントと高いことから、実際の利用目的ではなく、ショッピング枠を使った現金化に使われている現状をきっちりと把握しているためです。

こういった現実があることから、旅行や出張などの目的で回数券を購入される方にも厳しい目でチェックしているというのが、クレジットカード会社の現状としてあるのです。
これは現金化をしてしまっている方がいるために、クレジットカード会社が正当に使っている顧客にも気をつけざるを得ない状況になっているのが現在のクレジット業界です。

正当に使っている方ですらも、厳しい目でチェックされたり、使用停止などの処分をされることもありますから、現金化目的で利用をしていると、すぐにバレてしまうことになり、しかも利用停止や強制契約解除の憂き目に遭ってしまう可能性が高いのです。

カード停止のリスクはあるものの、そんなに一気に大量購入などをしないだとか、頻繁に購入をしないといった上手なでの回数券購入をすることによって、リアリティを出せば、ある程度にリスク回避は可能です。

その一つの工夫として利用できるのが、圧倒的に利用者が多い区間の回数券を購入するということです。
例えば、現金化をしたいからといって、キャッシュを一気に手に入れたいからといって、東京から九州までといったのぞみの東京-博多間を購入するといった方法は、クレジット会社にも目をつけられやすいです。

敢えてそれを捨てて、人気が高く、多くのビジネスマンが購入している東京-新大阪間の回数券を購入するのです。
これならば、利用者が多いですし、クレジットカードで購入をしても、絶対数が圧倒的に多いものですから、なかなか目はつけられにくいといえるでしょう。

通常の指定席料金が1万4450円になりますから、それだけでも、現金化にしては、かなり大きな金額です。
その上で6枚綴りのものを購入すれば、8万2140円になります。
95パーセントで換算しても、7万8000円を現金化することができますから、かなりパフォーマンスの高い現金化といえるでしょう。

回数券の有効期限や使用期限切れに注意しよう

回数券で現金化をする際の注意点としては、大抵の回数券は、購入から使用期限が決まっており、その期間は3ヶ月となっています。
つまり、購入してから時間が経過すればするほどに、使用できる日数が減っていくということ。

金券ショップなどの中では、使用期限がどのくらいに残っているのかによって、買い取り金額を変えているショップもあるほどです。
ですから、できるだけ早い段階で売却するというのが、回数券での現金化の注意点になります。

通常のギフト券などは、基本的には使用期限は設けられていません。

しかしながら、交通機関の回数券は、新幹線であろうと、バスや航空券であろうと、使用期限というものが決まっていることがほとんどですから、その点だけは押さえておきましょう。

以上、早い段階で新幹線回数券を把握する現金化がベスト!...でした。
回数券は換金率の高い現金化の手法ではあるものの、クレジットカード会社も当然に把握しており、リスクが高い方法でもあります。
注意点を押さえておく必要があり、それが使用期限があるということ。

なるべく早い段階で売却することがベストです。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ