キャリア決済 現金化

限度額を使い切り最終手段のキャリア決済現金化をする

携帯電話についてあるキャリア決済は、クレジットカードなどの手続きなしで簡単に買い物ができる機能です。それを利用してお金を借りることを現金化といいます。お金を借りることと一緒になりますが、異なる点もあることから、詳しくそれを理解することが大切です。

契約年数や利用状況で違うキャリア決済

キャリア決済を詳しく見てみよう

現金化できる業者を見つけます。アンダーグラウンドの世界と感じる人も多いですが、合法ですので、それほど心配する必要はありません。信頼できそうな業者を見つけたら、次は自分の決済の枠を調べましょう。キャリアによって枠が異なります。ドコモであれば5万円、auやソフトバンクは10万円となっていますが、契約年数や利用状況によって異なることもあります。

業者に依頼すると、品物を指定されます。その多くがウェブマネーやアマゾンギフトといったメールとして届く品物です。購入したことをスクリーンショットとして証拠に残り、業者にその品物を渡すと現金化されます。多くはギフト券番号になりますので、業者が確認をでき次第、指定された銀行に振り込まれます。これが一般的な流れです。

クレジットカードの現金化となると、指定されたブランド品などを購入して、それを業者が買取ますが、それとほぼ同じです。異なるのは品物の違いであり、メールのやり取りだけで終わりますので、携帯電話の現金化はとてもスピードが早いのが特徴です。

キャリア決済で現金化するカラクリとは

実際、現金化する商行為は国も認めていません。認めているのは古物商であり、あくまでも中古品を購入しているだけになります。現金化業者には換金率があり、提示された分が利用者のもとに入り、その差額が業者の取り分です。高ければ高いほど利用者のメリットになりますが、携帯電話の現金化の場合は6割から7割が通常であり、それはクレジットカードよりも低いです。

良い業者の判断として、その換金率が高いところが良いように感じますが、業者の方も工夫をしています。高い換金率を提示し利用者を呼びかけますが、手数料や税金などの名目で搾取することもありますので、あくまでも総合的に見て業者を判断しなければなりません。換金率だけで見ると後悔することもありますので注意が必要です。

いわゆるお財布ケータイとしても現金化可能

財布から払うよりもキャリア決済のほうが楽ちん

ドコモIDやauウォレット、ソフトバンクカードとチャージすることで、お財布代わりに使える、いわゆるお財布ケータイも現金化の対象になっています。業者によっては決済で現金化するよりも、チャージされたお財布ケータイからの現金化の方が換金率が高くなることもあります。

ただその場合は自分でチャージを行わないといけません。すべてのキャリアが決済機能を使ってお財布ケータイにチャージできますが、自分で整えないといけませんので少し面倒な方法になります。それが嫌なら業者に依頼して決済で現金化した方が手っ取り早いです。

支払いは翌月に使用料とまとめて支払う

支払いは携帯電話の使用料金と一緒に支払うことになります。枠が10万円と大きな金額になることで、仮にその分を使ってしまえば、翌日返済が来ることになります。支払えなくなる人が続出していますので、計画的な利用をしなければなりません。

現金化を利用する人の多くが何らかの事情を抱えてお金に困っています。そのうえで現金化を利用し、支払えなくなれば違う手段を講じようとします。そうすると許可を貰っていない貸金業者などから借り入れをし、多額の債務者になってしまうこともありますので、注意をしなけれなりません。計画的に利用することが大切です。

キャリア決済の注意するべき点

多額の借金を抱える債務者になる危険もありますが、現金化を利用するにあたり注意点もあります。まず現金化をするのであればクレジットカードを持っているならそこかスタートする方が良いです。携帯電話の現金化は換金率が低いことで、利用者は損をすることになります。クレジットカードであればいくらか換金率が高くなりますので、先にカードの方から現金化をおすすめします。

但し貸金業者からお金を借りる利息よりも高くつく計算になることを忘れないでください。実質年率に計算すると、上限の20%を越えます。この点は理解しておくことが大切です。

業者によって違いが大きいキャリア決済の選び方を見てみよう

現金化を希望するのであれば、業者選びにつきます。良い業者を見つけることが大切です。第一に換金率とスムーズな対応をしてくれる業者を選びましょう。その際は会社概要がサイトに掲載されている業者を選んでください。なかには品物を購入させただけで、現金化せずに連絡が取れなくなるケースもあります。詐欺には注意をしましょう。

携帯電話のキャリア決済は最終手段の現金化であると捉えることをおすすめします。

以上、限度額を使い切り最終手段のキャリア決済現金化をする...でした。

クレジットカードを持っていない人や限度額を使い切ってしまっている人が対象にする現金化になります。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ