ペットが病気になったらすぐに動物病院へ向かおう!!

大切なペットが病気になってしまった時は、一刻も早く治療を受けさせてください。動物病院の治療費は高額になってしまうこともあるので、必ず保険に加入しておきましょう。

ペットが病気になったらすぐに動物病院へ向かおう

ペットは飼い主にとって、家族同然の大切な存在です。病気になってしまった時は一刻も早く治してあげたいと思うはずです。

動物は言葉で不調を伝えられませんので、調子がおかしいと感じたらすぐに動物病院に行きましょう。ペットは保険が効かないので、治療費が高額になることもあります。不安な人は保険に加入しておきましょう。

診療費には一律的な基準が存在しない

ペットの診療を受けた際、予想していた金額よりもはるかに上回ってしまい、驚いたという人は多いでしょう。また違う病院で診察を受けたら、1件目の病院の診察費と金額が異なり、騙されているのではないかと不安になったという声もよく聞きます。

クリニックによって治療費に差があったり、治療費が高額になったりするのには、理由があります。動物の診療には、自由診療制度というものが採用されているからです。この制度は、一律的な料金を定めずに、個々の病院の裁量によって診療費を決めるというものです。自由診療は保険診療ではないため、高額になってしまうケースが多くあります。

自由診療となっている3つの理由

動物病院での費用が自由診療となっているのには、3つの理由が考えられます。

1つは、動物は人間とは違い、公的な医療保険制度がないことです。

2つ目は統一された料金基準がないということです。料金体系は、病院ごとに異なるものが採用されています。国が基準料金を作ることを禁止しているので、作ろうと思っても作れないというのが現状です。

3つ目は、飼われている動物の種類がとても多く、診察の難易度がまちまちであることです。動物の種類や症状で、かかる費用が大きく異なるので、料金を透明化するのは難しいと言われています。

万が一に備えてペット保険に入ろう

高額になりがちなペットの治療費のためには、ペット保険に入るのがおすすめです。日本は先進国の中でも、保険に入る人が少ない国だと言われています。ペットを飼っている人の半数以上が保険に加入していないというデータもあります。

ペットが病気になったり怪我をしたりした場合、全ての費用を自費で払う必要があります。高額な薬がいるなら薬代、手術がいるならその費用も全額自己負担です。一回の治療でも、飼い主にとってはかなりの金銭的負担になります。万が一の時慌てずにすむように、前もって保険に加入するようにしましょう。

信頼できるかかりつけ医を探しておこう

動物病院で起きるトラブルのほとんどは、治療時の説明不足だと言われています。獣医師が十分に説明しているつもりでも、飼い主が理解していなければ意味がありません。納得するまで、詳しく説明を受けましょう。

ペットが大切なら、獣医師に依存しすぎるのはよくありません。診療費以外にも、獣医師によって異なることはたくさんあります。治療を得意とする動物の種類や病気も、獣医師によってさまざまです。自分のペットに合った、信頼できるかかりつけ医を探しておきましょう。

異変を感じたらすぐに診察を受けよう

ペットの健康はお金には代えられません。異変を感じたらすぐにでも病院に連れて行き、治療を受けさせてあげましょう。しかし、ペットが病気になった時、手持ちのお金がなくて困ってしまったという人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、クレジットの現金化です。クレジットの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金に換金する方法です。現金化を専門とする優良業者に頼めば、最短1日で現金化の手続きをしてもらうこともできます。

病院の中には、クレジットカードが使えず、現金でしか支払いができないところもあります。すぐにでも現金が必要な時に、利用してみてください。

動物病院の料金システムについて、良く知っている人は少ないのではないでしょうか。動物病院は、自由診療です。そのため、料金が高額になってしまったり治療費に差がでたりします。不測の事態に対応するためには、ペット保険に加入した方が良いでしょう。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ