クレジットカード 現金化 他人名義

クレジットカード現金化ではグレーゾーンの他人名義ルールは必ず守るべき!

クレジットカードの現金化はいつでもどこでも利用できるというわけではありません。

ある程度のルールがありますので、そのルールは守って利用する必要があるのです。

クレジットカードを現金化させるためのルールについてですが、とても便利なのですが、できないこともあるのです。それは基本的には自分名義のカードでなければできません。与信枠の残高があることもルールとして言えるでしょう。与信枠の残高がなければ換金することができません。

現金に困っている人はたくさんいると思うのですが、現金が欲しくてこの仕組みを利用したいと思っても誰でも利用できるわけではないのです。お金に困っている人でクレジットカードを持っていることが第一条件です。

その上で与信枠がまだ残っていて、尚且つ初めて利用対象条件にあわなければ行けません。実はこれは単純なことのように思えるのですが、実際はこれに当てはまる人というのは極僅かな人たちといってもいいのかもしれません。

利用対象者全員がこの方法で申し込めるともないので、とても狭いサービス対象者ということになるでしょう。

世間の目もあるのであまり現金化を周囲に知られたくない

そしてこのシステムそのものは世間的にも少し注意喚起されている傾向にありますので、常にグレーゾーンといっても過言ではないのかもしれません。しかしグレーゾーンの中にもルールはあるのです。

このルールは守らなければ実際クレジットカードの現金化は難しいでしょう。例えば申し込んだ人と別の他人名義のクレジットカードでは、利用することができません。それを確かめる方法としては、現金化業者のサイトを見てみて下さい。

よくある質問のところにも書かれていると思います。事前に受付をしないことも書かれています。名義も同じことが言えるのですが振込先の名義も、申し込み人と同じでなければいけないのです。クレジットカードの名義、これは申し込みをする時と一緒だったとしても振込先も同じでなければ行うことができないのです。支払い先に直接振込を依頼することができないので、借金の返済に充てようと思っている人は、まずは自分の口座に振り込んでもらった上で自分で振込みなおす必要があるでしょう。

本人を確認している方法

本人であるかどうかどのように確認しているのか、電子署名月のメールで取引をすることがあります。これは普通のメールの場合には改ざんンがあるかもしれないので、編集をすることができないようにセキュリティをかけているのです。普通のメールにおいては、本人確認ができないので申し込みができないことが多いでしょう。

申し込みをした人の印鑑証明や、印鑑がおされた書類を申込書として送らなければいけない、これもルールです。印鑑証明は役所が跛行しているのですが、これは公的な書類です。印鑑が公的に証明されているということがこれで分かり、これも本人確認の力があるといってもいいでしょう。

本人限定受け取り郵便

住所を確かめるために、本人限定受け取り郵便を利用しなければいけないこともあります。

これは単純に住所が正しいかどうか確かめる目的でも利用されているのですが、それだけでなく、簡易書留とも違っていて、サイン以外にも、身分証明書を見せて本人が確認できなければ受け取ることができないということもあります。ですから、そのルールに従う必要があります。

業者の求める本人確認

業者が求めている本人確認のレベルは高いこともあります。しかしこの高いレベルをクリアしなければ、便利なシステムを利用できないことになるのです。少し面倒なことに感じるかもしれないのですが、結果的には、本人確認もしないで安易に現金化を請け負っている会社よりは安心して利用できると言えるのではないでしょうか。

営業資格を持っていない業者が行っていることもありますので、信頼できる業者であるかどうかは事前に調べておいたほうがいいでしょう。古物営業法に基づいているかどうか、これをしっかりと確認する必要があります。クレジットカードの現金化は同じ目的で行われているのですが、本人の名義のカードを利用しなければいけないというルールもどこの業者も同じようです。

他人名義で現金化をするなんて言語道断!

それを確認もせずに安易に現金化に応じているということは、それだけ運営がずさんな会社であるという可能性があるので、注意が必要なのかもしれません。そして、自分のクレジットカードが使えないからといって、例え家族名義のカードだったとしても他人の名義のクレジットカードを使って現金化することは許されません。

以上、クレジットカード現金化ではグレーゾーンの他人名義ルールは必ず守るべき!...でした。現金化はとても便利なサービスではありますが、ルールがありますので、そのルールをしっかりと守った上で利用しなければいけないでしょう。他人の名義では利用できません。

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ