クレジットカード 現金化 未成年

未成年18歳の学生カード現金化をやらせない方向性

18歳でも保有できるカードが存在する

一昔前と比べると、総量規制などの新しいルールもできたため、学生カードなどの存在は減少の一途を辿っています。
しかしながら、現在でも18歳になれば保有することができるクレジットカードはある程度に存在しているのです。

クレジットカードを使った現金化は、自分自身の名義のクレジットカードを保有していれば、誰でも行うことが可能ですから、当然に未成年でも現金化を行うことは可能だということ。

只し、現状を見てみると、現金化業者が成人でないとサービスを提供するのを断るといったケースも少なくありません。
依頼する場合には、本人確認のための身分証の提示が必須条件になりますから、年齢詐称などをすることはできないのです。

こういったことを考えると、業者を利用できる可能性は少なく、個人レベルで行うのがスタンダードな方法といえるしょう。

おすすめする個人現金化方法とは?

自分名義のを持っていれば、業者を利用できる可能性は少ないものの、個人での現金化は十分に可能と分かりました。
それでは、どのような方法がオススメなのでしょうか。

一番スタンダードな方法としては、換金率が高い新幹線の回数券など、商品券を購入して、それを金券ショップに持ち込み、買い取りを行ってもらう方法がスタンダードです。

しかしながら、ここにも大きな壁があります。
実は、現金化業者と同じように、金券ショップに関しても、成人ではない顧客との取り引きをするショップが少ない傾向があるのです。

買い取りを行いたい場合には、親の同意が必要になるといったルールを設けている金券ショップが多く見られています。
つまりは、せっかくを使って商品券を手に入れても、なかなか買い取りをしてくれるショップがない。

レートが高いお店が取引をしてくれればいいものの、成人ではないという弱味に漬け込み、安く買い叩かれる可能性だって少なくありません。

只、ショップによって対応もまちまちといったのが現状です。
お店が用意している同意書に必要事項さえ記入されていれば、後は詮索しないといった軽い審査のみのショップもあります。

いくら現金化したいからといって嘘はダメ

両親に頼むのは気まずいし、どうせ反対されるからといって、危険ショップの同意書を自分自身で記入して、偽造をするといった行為は簡単に行えます。

しかしながら、こういった嘘はあまりオススメできません。
現在は金券ショップを始め、あらゆるところでトラブルを防ぐ目的で身分証明書の提示を求められる時代です。
犯罪防止のために、どこのお店もこれは徹底している項目になります。

同意書の偽装くらいならば、まだカワイイもので済ませられるかもしれませんが、どんどんとエスカレートして、年齢詐称をしたり、身分証まで偽造したりといった段階までエスカレートすれば、それはもう犯罪です。

現金化をきっかけに、グレーゾーンどころか、完全にブラックな世界へと足を踏み入れてしまうことになりかねません。
このように定められているルールの中で、現金化を行うようにしましょう。

業者を使うことができないのであれば、使わない。
個人レベルで行うにしても、金券ショップで身分証が必要なら本物の身分証を提示する。

また、親の同意書が必要であれば、なんとかお願いして同意書をもらいそれを提出するようにするのが当然のアクションなのです。

現金化を物理的に行うことは可能ではあります。
しかしながら、これはあくまでも裏ワザ的に使うキャッシュ取得方法なのだということを認識しておきましょう。

現金化というと、クレジットカードを使って商品などを購入し、それを転売すれば、「儲けられる」と勘違いしている学生などもいるようですが、それは大きな間違いです。

現金化はあくまでも借金をする行為です。
金券ショップで高換金率で商品券を売却できたとしても、購入代にプラスして、定価からの差額の借金を作ってしまったという事実を忘れてはいけません。

それはあくまでも後に支払う必要があります。
キャッシング枠では足りず、どうしてもキャッシュが手元に欲しい。

友人の結婚式などでキャッシュがどうしても必要になったなど、ご祝儀などはクレジットカードで支払うことはできない場合にのみ、現金化を使うようにしましょう。

以上、未成年18歳の学生カード現金化をやらせない方向性...でした。
現金化は決して錬金術ではありません。
借金を作る行為であり、最後の手段的に考えるようにしておきましょう。

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ