現金化 危険性

危ないと知りながら現金化を不正利用する覚悟はもっとも危険性がある!

現金化を不正利用するととんでもない危険な目にあうぞ!

なぜ現金化がスタンダードになっていないかという理由の一つとして、やはり換金目的でのショッピング枠の利用を各クレジットカード会社が認めていないということが大きなポイントです。

法律に違反する行為ではありませんが、クレジットカードの利用規約を完全に違反している行為ではありますから、ある意味でのルール違反を行っているという認識はしっかりと持つようにしましょう。

カード会社も神経質になっており、違反行為をしていることが発覚した場合には、利用停止処分や、契約解除、強制解約といった重い処分をかせることがありますから、リスクは存在していると言えるでしょう。

一つのカード会社にバレたから、他の会社でカードを作り、同じことをしようと目論んだとしても、同じ業界なわけですから、そういった不正使用をしたという情報は、業界中に回ることになります。
そうなった場合には、クレジットカードを作りたいと申し出ても、審査の時点で拒否されてしまうといったことも十分にありえるのです。

現金化がバレている指針としては、利用残金の一括請求をいきなりされるといったことが挙げられます。
このアクションがクレジットカード会社からなされた場合には、あなたのカードの使い方が、現金化を行っていると思われていると判断されていると感じましょう。

クレジットカード会社は、不正利用をしていないかということを常にシビアに監視していますから、バレなければ問題ないという軽い考え方をしていると、利用停止や強制解約などの憂き目に遭ってしまうことになるのです。

更に最悪のケースでは、詐欺罪として訴えられる可能性だってありますから、安易に現金化をするのはリスクが高いと言わざるを得ません。

危ない業者の存在を見逃してはいけない

新聞や雑誌、インターネット広告や看板といった様々なメディアを使ってクレジットカード現金化を宣伝している業者がいますが、真っ当な営業をしているのかどうかは微妙なところです。

そもそも、クレジットカードを使った現金化は、一般人が行う場合には、法律違反にはならず、クレジットカードの利用規約違反になります。
しかしながら、商売として現金化をしている業者となると、法律違反になります。
つまりは、この商売をしている時点で、違法行為を行っているわけです。

どうせ法律違反しているから、危ない橋を渡るのであれば、少しでも利益を得られるようにしようと考えるところも珍しくありません。
業者を利用する場合には、少しでもまともな現金化をしてくれる業者であるかどうかをきっちりと調べなければ危ないわけです。

悪質業者を利用するとこんなに危ないトラブルが待ち受けている

業者選定を甘くみて、どこでもいいやと利用してしまうと、沢山のトラブルに遭う可能性が高いです。
その一つが詐欺。
商品を購入したもののキャッシュバックという約束だったのに、現金が振り込まれない。

こういったトラブルがあっても、クレジット会社にどう説明すればいいのか迷うもの。
支払いを止めてくれないかとお願いしたところで、現金化をしようとしたことがバレれば、規約違反で利用停止。
強制解約などをされ、自分が苦しむだけ。

警察に言っても自業自得という感じで相手にしてくれないというものが殆どです。
この事実を悪質業者が知っており、現金化を望む人間をカモにしているというのが現状になります。

また、クレジットカードの番号や個人情報なども教えてしまっていれば、その情報が詐欺集団などに名簿として高値で売却されますから、更にさまざまな悪質業者から電話やDM、メールといったもので攻撃をされることになります。

個人情報とカード番号などが把握されていれば、そのままカードを使われてしまう可能性だってあるのです。
こういった場合でも、紛失をしたりした場合に利用できるクレジットカード保険も適用対象外になりますから、使われ放題になってしまいます。

以上、危ないと知りながら現金化を不正利用する覚悟はもっとも危険性がある!...でした。
このような危ない目に遭ってしまう可能性もあるのが、現金化なのです。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ