債務整理 現金化

会社にバレている債務整理とクレジット現金化の因果関係

クレジットカードの現金化はやり方次第で痛い目に遭う可能性がある

現金化をしたところで必ずしも借金が減ることにはならないのです。

クレジットカードを現金化するということは、借金返済のために現金を用立てることにつながるのですが、それは借金が減ったことにはならないのです。借りる先を変えただけで借金が根本から減ったことにはならないのです。

むしろ借金を増やしたことになるという感覚を持った方がいいでしょう。それがわからずに、どこからかお金を用立てることができて、なんとか乗り切ったと思っている人は要注意でしょう。それではあとで痛い目にあってしまいます。

クレジットカード現金化をしても借金は減らせない、そして増えるばかりで生活を改善したいと思ったら、債務整理をするという方法があります。これを行うことによって借金は整理されますし、今の借金の生活からなんとか変わることができるでしょう。クレジットカードの現金化は違法なので、なかなか公的な機関に相談をすることができずに躊躇してしまう人もいます。

しかし今は合法として行われていることもありますので、公的な機関、つまり司法書士や弁護士に相談してもいいでしょう。

任意整理とは

これは幾つか方法があります。弁護士が業者と交渉をすることによって借金を減らすことができる方法があります。これは任意です。大半の場合はクレジットカードの現金化を利用していたとしても受付はしてもらえることが大半です。

クレジットカードの現金化をしていたことがクレジットカード会社に既にバレている場合には、交渉はしにくいと考えられるのですが、もしもバレているわけではない場合には、安心していいでしょう。しかし弁護士や相談する相手にはそのことは正直に伝えたほうがいいでしょう。

個人再生との違い

個人再生との違いは、個人再生の場合は裁判所を使って借金の減額、残った借金を返済することになります。借金の理由は問わないというのがこの特徴ですので、クレジットカードの現金化を例えしていたとしても利用することができるのです。もし利用することができないとあれば別の理由があるからでしょう。

自己破産との違い

自己破産は聞いたことがある人も多いでしょうけれど、借金の整理としては究極の最終手段といってもいいでしょう。今ある借金を帳消しにする方法となります。しかしこれをするに至っては幾つかの条件がありますので、場合によって借金がなくならないこともあるでしょう。その場合に寄っての条件の一つがクレジットカードの現金化でもあるのです。

もしクレジットカードの現金化をしていた場合には、免責不許可事由というものに該当してしまいます。

免責不許可事由に該当した場合は、自己破産できませんので、借金の帳消しはできないのです。どうにも返済できないほどの借金がある場合には自己破産となることが大半ですが、クレジットカード現金化をしている人は、自己破産をすることができないことになるのです。

しかし現金化した金額や内容によって自己破産可能なケースもありますので、それも含めて一度司法書士や弁護士に相談をする必要があるでしょう。

現在お金がなくて困っている人のアドバイス

今はお金がなくて現金をなんとか工面しなければいけないので、困っている人は、クレジットカードの現金化に手を出そうかと考えている人もいるかもしれません。しかしこれは必ずしも良い方法とは言えませんので注意が必要なのです。なぜなら先ほども書きましたが、クレジットカードの現金化をしたことによってその後の身の振り方が変わってくることになるからです。

現金化をしても一時的な対処にしかならず、もし今後自己破産などをしようかと検討しているのであれば、これはクレジットカード現金化には手を出さずにほかの方法を検討するか、もしくは、もう最初から自己破産をこの時点で検討しておいたほうがいいかもしれません。選択を間違えてしまったことによって結果的に自分の今後の未来にも影響を大きく与えてしまうことにもつながります。

お金が欲しくて現金に困っていたとしても、今後のことを考えてよく検討した上でサービスを利用するかどうか検討しましょう。どの方法を利用すれば自分の窮地を脱することができるのか、それは人によっても違いがありますが、将来的に自己破産するかもしれないのであれば現金化は、妥当な方法とは言えないでしょう。

それをすることによって、良くない結果を招くことにもつながりますので慎重に検討していきましょう。

以上、会社にバレている債務整理とクレジット現金化の因果関係...でした。色々と現金を入手する方法はありますが、正しい選択をしなければ今後の身の振り方にも影響が出るので注意が必要です。

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ