【カードローンとは】カードローンの賢い使い方と金利などの返済チェックについて

カードでローンを申し込めるからカードローン

カードローンは契約すると専用のカードが発行されるのが特徴です。カードを使えば提携ATMなどからお金を借りることが可能で、カードローンと呼ばれる由来にもなっています。消費者金融だけでなく銀行や信販会社もカードローンを受けつけていて、それぞれに特徴があります。

キャッシングとカードローンの違いは、クレジットカードの機能があるかどうかです。キャッシングの多くはクレジットカードに付帯する形になっていて、ショッピング枠とキャッシング枠が別に存在します。

カードローンはお金を借りる専用のカードになっていて、ショッピングに使えないのです。クレジットカードはショッピングの利用でポイントがたまるものも多いため、使い道が大きく違うのが特徴になっています。

しかし、カードローンにも利点があります。カードローンの中には金利が非常に低いものが存在し、お金を借りるだけならカードローンの方がお得なケースがあるからです。お金を借りるのであれば、しっかりと利率を比較するのがポイントになります。

低金利のカードローンは審査も厳しい

注意したいのは、低金利のカードローンは審査も厳しくなる傾向があることです。正社員であることや年収が一定水準であることが求められるケースがあり、他の金融機関からの借り入れ金が多い場合も対象から外れることがあります。

キャッシングと同じく、借り入れの情報はカード会社や金融機関で共有されるのもポイントです。そのため、お金に困ってからカードローンを申し込んでも審査にパスしない可能性が高くなるのです。

消費者金融系など、金利が高いものに関してはそれだけ審査もゆるくなります。しかし、あくまで法律が許す範囲内に限られるため、まずはお金を返すことが先決になるケースもあるのです。

また、カードローンでも返済方式を複雑にすることにより、細く長く金利収入を得る金融機関もあります。返済方法を確認しないと、小額で延々と支払いを続けることになりかねないのです。

月あたりの返済額が少なくなれば、それだけ返済期間も長くなります。金利とあわせて返済方法もチェックするのがおすすめです。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ