図書券 現金化

図書券をスムーズに役立てながら現金化させてみる

小さい頃から馴染みがある商品券である図書券。
中には、小さい頃から馴染みがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

図書館には様々な人が記した本がたくさんあります

その名前の通り書籍類などを購入する際に使っていただけることと思います。
しかし、そうした使い方ではなく「現金化」させたいという方もまたいらっしゃるのではないでしょうか。
書籍類に使わないという場合や、現金化することによってより有意義に役立てられると考えている場合は希望されることと思います。
そこで、今回は現金化ができるのかどうか・換金率はなどという部分を中心に考えていきましょう。

図書カードの現金化ができる場所はあるの?

まず、図書カードも含めこうした商品券は「換金できない」ということです。
といっても、この換金できないというのは、払い戻しが不可能であるということを指しています。
例えば、本屋・文具店などに出向いて現金化をさせることはできないのです。
何かを購入し「お釣り」として受け取ることはできますが、券そのものを変換することはできないというわけです。

本を長時間読んでいる女の子

では、どこで現金化をさせることが可能なのでしょうか。
それが金券ショップやチケットショップなどです。
この場合、換金ではなく「買い取ってもらう」という表現が正しいかと思います。
仮に、金券ショップで現金化をするとしてその相場や換金率というものはどの程度なのでしょうか。

まず、知識として覚えておきたいのが、券面通りの金額で買い取ってもらえるわけではなくいくらかは少ない金額での買い取りになるということです。
その理由は、買取金額に上乗せしてショップで販売されていますので、その分の利益を出さなくてはならないのです。
ですから、ショップ側の利益を生むために券面通りの買取はしていないという認識を持っておきましょう。

また、買取そのものの条件としては「18歳以上」であることや「身分証明書を提示すること」なども含まれて居ますので、利用される場合にはご注意ください。

換金率についてですが、店舗や知識などによっても異なってきます。
利率が一律ではないということがいえるのです。
少しでも高く買い取って欲しいという方や、複数枚持っていることからある程度の総計買取金額を見込めるという場合には、いくつかのショップを回ったりインターネットでらべて比較されることをおすすめしたいと思います。
特に、多くの金券ショップが立ち並んでいる知識などとなると、他店との競争意識から高値で買い取ってくれるなどという場合もあるのです。

図書カードの買い取り相場金額について

相場としては、平均的に券よりもカードのほうが率が良いと言われています。
関東の場合、券で85%~95%・カードですと90%となります。
90%の場合は1枚が450円となりますので、把握しておくと買い取り承諾もしやすいでしょう。

ただし、どのような券でもこの相場で買い取ってくれるとは限りません。
先に触れたようにそれぞれによって異なるという場合もありますし、券そのものが破れていたりシワやシミがあったりと保存状態が悪いという場合には価格が下がってしまいやすいのです。
このことから、現段階で自宅で保存されているという方においては綺麗な状態で管理しておくのが良いでしょう。

18歳以下の方が図書券の現金化するという場合

金券ショップは18歳以下の方は利用できないという規定があります。
こちらにおいては、全ての店舗によって敷かれている規定となっているのです。
しかし、商品券のタイプから18歳以下の方が現金化をと望む場合も少なくないようです。
そのような場合には、保護者の方と一緒に行くことによって行うことができます。
身分証明書提示が義務となっていることから、嘘をつくことはもちろん不可能ですから、話をしてついてきてもらうようにすると良いでしょう。

また、オークションサイトを利用するという方法もあるでしょう。
今では、利用者も多くさまざまな方が出品をされていますので商品券についても安定的に落札者がいるという傾向があるようです。

電子辞書などが増えつつあるため読書の習慣が減っている

平均価格は、時期やオークションサイトごとによって変わってくるかと思いますので、出品をする前に他のものと比較してから価格を決めると良いでしょう。

基本的には、自ら希望する金額で出品していただいても構いませんが、券面通りにしてしまうとどうしても落札されにくいなどという事もあるでしょう。

有効期限がありませんから、「いつか売れればよい」というのでしたらそれでも良いでしょう。
少し券面から割り引いた形が安定してオークションサイトにおいて現金化できるスタンスといえるでしょう。

以上、図書券をスムーズに役立てながら現金化させてみる...でした。

「いつか使うかもしれない」と持っておくことももちろん悪いことではありません。
しかし、有効的に利用するとなると現金化をしていただくのがスムーズかとも思いますので、方法手段について認識しておくと便利でしょう。

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ