【闇金融とは】闇金って具体的に何をさすの?ポイントになるのが違法性

闇金は違法にお金を貸す業者のこと

闇金は違法にお金を貸す業者のことで、本来行うべき申請や免許の取得を行わずに営業しているのが特徴です。お金を貸す際はどの人がどれだけお金を借りているか情報を共有する必要があり、確認の義務も存在するからです。

一般的なクレジットカードなどで借入限度額などが設定されているのも、法律上の制限があるからです。あくまで返済できる範囲でのみお金が借りられるように、仕組みが整えられているのです。

しかし、闇金の場合は借り入れを行う人の借り入れ情報に関係なくお金を貸すため、限度額を超えてお金を借りることができます。そのため、キャッシング枠を使い切ってから闇金を利用する人が存在するのです。

闇金は金利が高いことが多い

闇金は一般的に非常に金利が高くなっています。これは闇金を利用する人がすでに借金を抱え返済に行き詰っている人が中心で、貸し倒れのリスクが高いからです。また、もともと違法なことを自覚して利用している人が多く、警察沙汰などになり辛いからです。

また、契約書をよく読むと複利になっていて、想定の金額よりも大きく借金が膨れ上がっていたと言うケースもあります。違法な取立てなどが行われるケースも多く、トラブルになってしまうことも珍しくないのです。

闇金を利用しないことが一番重要ですが、そもそも違法な行為であれば止めさせられることも可能なことも覚えて起きたいポイントです。弁護士や司法書士に相談することで、借金自体がなくなることもあるのです。

トラブルを避けるためには関わらない方が良い

闇金を利用しても、警察や弁護士に相談することで取立てを止めさせ、お金が戻ってくることもあります。しかし、個人情報などは相手の手元に残るため、嫌がらせなどを受けないか心配する人も多いのです。

実際には嫌がらせなどをすれば相手が逮捕されることになります。ただし、逮捕されるまでは精神的なストレスを受ける場合もあるため、不安を抱えないためにも利用しないのが基本になるのです。

お金を借りる際はあくまで限度額の範囲内で借り、無理をしないのが基本です。まずは浪費の癖を改めるなど、生活の習慣を見直した方が良いのです。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ