アルバイト面接時のマナーを確認して採用の確立を上げよう!

初めてアルバイトに申し込んだ人の中には、面接を受けるのが不安な方もいるでしょう。服装や到着時間、挨拶、受け答え、退出などのマナーを学べば、雇用主から好印象を持ってもらえます。

アルバイト面接時のマナーを確認して採用の確立を上げよう!

アルバイトを始めるには、面接を受けて雇用主から合格をもらう必要があります。面接が苦手で、毎回不合格になってしまう人もいるでしょう。マナーをしっかり確認して面接に臨めば、採用の確率も大きく上がるはずです。

一番大切なのは清潔感のある服装をすること

面接を受ける時に一番大事なことは、清潔感のある服装をすることです。服装はアルバイトの種類に応じて変わってくるので、必ずしもスーツを着用する必要はありません。しかしカジュアルな職場であっても、華美な服装は避ける方が無難です。

仕事では、個性よりも秩序が重んじられます。自分の好き嫌いではなく、相手からどう見られるかということを意識して、服装を選ぶようにしましょう。

女性の場合は、メイクやアクセサリーにも注意してください。アクセサリーは派手になりすぎないように気を付けて、化粧はナチュラルメイクを心がけましょう。

15分前には会場に到着し面接官を静かに待つ

身だしなみを整えたら、いよいよ出発です。到着の時間は、開始時間の15分前を目安にすると良いでしょう。遅くとも、5分~10分前には、会場で待機しておく方が安心です。遅刻は厳禁ですが、万が一遅れそうになった場合は、電話で事前に連絡するようにしてください。

また早く着き過ぎても逆に迷惑をかけることがあるので、30分以上前についてしまったら、近くで時間を潰すのが良いかもしれません。

会場に着いたら、自分の氏名と要件を、受付の人に説明してください。相手を待っている時も油断は禁物です。よそ見をしたり携帯電話をいじったりはせずに、静かに待つようにしましょう。

印象がほぼ決まる初めの3秒間が一番大切

人の印象は出会って3秒で決まります。面接で一番大切なのは、初めの挨拶だと言えるでしょう。部屋に呼ばれたら、明るく元気に自己紹介をし、斜め45度に丁寧にお辞儀をします。その際、笑顔を絶やさず、相手の目を見るように心掛けましょう。

また人の印象を決めるのは、話の内容よりも、見た目や話し方だと言われています。難しい質問をされた場合でも、険しい顔で考え込むのは良くありません。わかる範囲で丁寧に応えれば、相手にも好印象を持ってもらえるはずです。

終わった後も気を抜かないようにしよう

終了を告げられたら、起立して「ありがとうございました」と一礼するようにしましょう。ドアを閉める際に気を付けたいのは、相手にお尻を向けないようにすることです。相手の方を向いたまま、ドアから出てください。

受け答えが終わったからとほっとして、ダラダラと歩いてしまったりドアを乱暴に閉めてしまったりする人もいますので、最後の最後まで気を抜かないようにしてください。部屋から出ても、まだ全てが終わったわけではありません。会社やお店から出るまで、見られている可能性もあります。

面接の準備費用は先行投資だと考える

アルバイトの面接に一番大切なのは、清潔感があり職場に適した服装を心掛けることです。初めて面接に挑む人の中にはそんな服装を持っていないという方もいるかもしれませんが、先行投資だと考えて思い切って購入してください。

どうしてもお金がないという人におすすめなのが、クレジットの現金化です。クレジットの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金する方法です。現金化を専門としている業者に頼めば、簡単な手続きで素早く対応してくれるので、日程が差し迫っているという人でも安心です。クレジットの現金化を利用して、万全の体制で面接に臨みましょう。

アルバイトを始める際には、雇用主の面接を受けて採用されなければなりません。好印象を持ってもらうためには、マナーを守ることが大切です。清潔感のある服装をして、明るく元気に受け答えすれば、採用の確率はぐっと上がるでしょう。

短期アルバイトで現金化を回避する

現金が必要になっている期間が長い場合は無理して現金化を行わずに短期でアルバイトをするというのも、一つの手段ではないのかと言うことができてしまいます。

普通に時間がたくさんあるような人なら、いずれ返さなくてはいけないことが確定している現金化よりもきちんと働いた上でお金を稼ぐことだってきっと重要になってくるはずです。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ