人気ランキング

公式サイトのクレジットカード現金化はWINWINのすばらしい関係があった!

クレジットカードの現金化がどういう仕組みなのか、怪しいものではないかと思う人は多くいます。しかし、仕組みを知っていればそれほど不思議なものではないのです。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードを利用して現金を得るための方法で、一般的にはクレジットカード現金化を専門としている業者がいるので、そういうところにネットにて申し込んで現金を得るわけです。

現金化を利用するなら自己責任でその仕組みを知ったうえで利用するべき

現金化業者にはキャッシュバック特典として現金を渡すキャッシュバック型と商品を買い取って現金を渡す買取り型の2種類がありますが、現在では前者のほうが大多数です。

自分自身で転売をしながら現金化をすることもできますが、それはとても手間がかかるので、現金化業者を介して現金化をしているのが現状です。

従来であれば店舗まで出向いて現金を得ていたわけですが、現在はネット専業の業者が多くなり、日本中どこでも申し込みができるようになるので、ネット回線さえあれば現金化業者に対してアクセスすることができるようになっています。

申し込みだけで言えば24時間対応しているので、いつでも申し込みをすることが可能です。

クレジットカード現金化を利用するためには優良な業者を選ぶのが必要不可欠

現金を得るためにはクレジットカード現金化をうまい具合に活用するのがいいわけですが、自分たちでやるのはリスクが高いために結局のところ現金化業者を選ぶということが必要になります。

ただ、現金化業者を活用するのはいいですが、すべての業者が健全に営業しているのかというとそういうわけではありません。正直言って悪徳業者も交じっているというのがあります。

悪徳業者につかまらないためにも、クレジットカード現金化を利用するのであれば優良な業者を選ぶという観点がどうしても必要になるでしょう。悪徳業者を反映させないためにも安全に利用できる業者を選ぶ意識を持ちましょう。

初めて現金化のサービスを利用する人にとって、大きく表示されている換金率が高いということに釣られて申し込みを行うケースがあります。

換金率というのは換金される割合のことで、例えば5万円申し込みをして換金率が80%だとすれば、4万円が現金として返ってくるということです。これから見てみると、当然換金率が高い方が利用者にとってはお得です。

しかし、95%以上の換金率で釣っておいて欺く悪徳業者も中にはいます。高い換金率で釣っておいて実際には手数料などの名目でどんどん換金率が低くなっていくというような手段もよくありがちなことです。

異様に高い換金率の業者というのは、甘い罠を仕掛けているという風に認識してそれに釣られないようにしましょう。

ネット上にはクレジットカード現金化にフォーカスを当てて口コミサイトや比較サイトが存在するので、実際に利用した人の声なので参考になるという風に思いがちですが、その口コミなどが本当に信憑性があるのかどうかを確かめる必要が出てきます。

悪徳業者などではそういうサイトでステマをしていることがあります。

つまり、自社のサイトが良い評価になるように自作自演をしているわけです。こういう業者がまともなわけではないので、そういう口コミは参考にしないようにしてください。

多くの人は現金化業者のホームページを見て利用するのかどうかを決めるわけですが、その時に会社概要や経営理念などのページを確認してから業者を選んでいるでしょうか。

お金に関わるサービスを提供しているので、信頼できるかどうかというのは何よりも重視しないといけません。

会社概要や経営理念などがきちんと書かれていないなあと思うのであれば、利用しないほうがいいでしょう。信頼できないと思う業者に関しては最初から利用しないのが何よりも一番です。

クレジットカード現金化の申し込みは誰であっても比較的簡単にできる

クレジットカード現金化を利用するに当たり、優良な業者だなという風に思ったのであれば、続いては申し込みを行います。

初心者にとってはこれからが現金化のスタートに当たりますが、簡単に利用することができるので、そこのところはそれほど不安になる必要はありません。

なぜ簡単に利用ができるのかというと、消費者金融などのカードローンでネックになっている審査が無いからです。

審査がなぜないのかというと、クレジットカード現金化は貸金業ではなく、商品をクレジットカードで購入する対価として現金をキャッシュバックしているからです。

つまり、クレジットカードさえあれば現金化を利用することができると言ってもいいでしょう。

クレジットカード現金化の申し込み方法については、電話やメール、申込フォームなどの方法がありますが、電話であれば営業時間内に行う必要があるので、一番いいのは申込フォームではないでしょうか。

申込フォームであれば24時間対応しているので、深夜に申し込みたいということでも対応ができます。

入力項目としてはカードローンのように詳細に個人情報について入力するということは無く、簡単に入力できるようになっています。

具体的には名前と電話番号、メールアドレス、住所、銀行口座、申込金額などの簡単な内容です。

簡単な内容で申し込みができるからこそ、審査が不要だということが言えます。

クレジットカード現金化の場合は担当者の接客態度や換金率などを比較するために、場合によっては申し込みが済んだ後であってもキャンセルする可能性があります。

カード決済を行う前であればキャンセルは可能なので、業者の対応などから判断するのも悪くありません。むしろ、慎重にクレジットカード現金化の業者を選ぶべきなのです。

クレジットカード現金化の初回申し込みの場合はなりすまし防止のために、身分証明書による本人確認が行われます。

身分証明書は写真付きのものであればいいので、運転免許証などをあらかじめ用意しておけばいいでしょう。

申し込み内容と身分証明書の内容に違いがあれば利用できないことがあるので注意しましょう。

2度目以降の申し込みであれば身分証明書が必要ない場合が多いので、もっと素早く現金を手に入れることが可能です。

クレジットカード現金化はカード決済が行われますが、クレジットカード情報を業者に渡してしまったら悪用されてしまいます。

クレジットカード情報を求められた場合には、この業者は悪徳業者であることは間違いないので、そこは利用しないようにしてください。

カード決済をする場合でも業者にはその情報が渡らないようになっているので安心してください。

クレジットカード現金化は即日融資にも対応することができるので、すぐに現金を必要にしているのであれば、そういうところに申し込むことをおすすめします。

現金は業者による手続きが完了し次第、銀行口座に振り込まれます。

銀行口座はどこでも対応はしていますが、一般的には平日の15時までに振り込みを完了させなければいけません。

平日15時以降や土日祝日にも振込してほしいのであれば、ゆうちょ銀行並びに楽天銀行やジャパンネット銀行などのネット専業銀行に口座があったほうがいいです。

クレジットカード現金化はどのようにして返済をすればいいのか?

カードローンの場合は申し込みをした業者に対して返済をすればいいわけですが、クレジットカード現金化においては申し込みをした業者ではなくクレジットカード会社に返済をすればいいわけです。

実は現金化した業者に対してはすでに「100%-換金率」分を支払っていることになるので、現金を手に入れた後は無関係になっていきます。その後は利用者とクレジットカード会社との間で返済を行っていくことになります。

カード会社から届く利用明細書の通りに返済をしていきます。

支払方法というのは業者によって決められるということではなく、クレジットカードの支払方法に依存することになります。具体的には一括払いや分割払い、リボ払い、ボーナス払いの4種類が用意されています。

一括払いやボーナス一回払い、2回払いについては金利がかからないというメリットがありますが、一度に支払う金額が大きくなるので、そこの負担を考える必要があるでしょう。

分割払いとリボ払いは分割して返済することになるので、元本に加えて利息の支払いが発生します。

リボ払いは分割して支払うという意味では分割払いと同じなのですが、分割回数ではなく毎月支払う金額を固定する方法なので、残りの債務が把握しづらいという問題点が生じます。

クレジットカード現金化を利用するということは後払いをするということに相当するので、なるべく早く返済をするという気持ちが大切です。

借入と同じなので、返済のことについても考慮に入れたうえでクレジットカード現金化を利用してもらいたいです。

クレジットカード現金化を申し込んだ時には一括払いにしていたのに、返済方法を途中で変えたくなったという場合にはどうすればいいのかというと、これはカード会社に連絡するということになります。

詳しいところはカード会社に問い合わせるようにしてください。早いうちであれば返済方法を変更できることが多いです。

クレジットカード現金化を使用していることを家族にばれないためには

カード会社から届く利用明細書を見てみるとショップ名と金額、利用日時などが書いてあるので、これを家族に見られた場合には、クレジットカード現金化をしていることがばれてしまう可能性がありますが、現金化をしているということが記載内容によってばれるということは無いです。

おそらくどこかでショッピングをしているという風に思うのではないでしょうか。

ただ、載せられて困るような社名であれば困ってしまうので、事前に明細書にどのように載るのかということを確認していけばいいです。

もしどういうものを購入していたのか尋ねられた場合には、何らかの言い訳を考えておくべきでしょう。

家族にあれこれと詮索されるのが嫌だということであれば、明細書を見られないようにするしかないです。

明細書をペーパーレスにしてもらったり、銀行口座を自分で管理しておいたりするなどのことをする必要があります。何回も明細書が送られるのが嫌なのであれば、一括で返済しましょう。

クレジットカード現金化のサービスが終了する可能性は低いだろう

クレジットカード現金化と言えばグレーゾーンということが言われています。確かに、カード会社の利用規約に現金化を目的とした利用に関しては利用停止になるという風に明記しています。

しかし、クレジットカード現金化を目的として利用しているのかどうかというのは、カード会社はわからないです。

もしかしたら、利用者に事情を尋ねることはあっても、利用者が現金化を目的としていないと言えばクロになることは無いです。

2011年ごろに現金化業者が摘発された報道があった時には、クレジットカード現金化は違法ビジネスという認識でしたが、現在ではそういう感じではないと言ってもいいでしょう。

今は消費者金融などからお金を借りることができなくなった専業主婦の人や無職の人が簡単に資金調達をする手段として利用されています。

その他にも、法人カードを持った零細企業や個人事業主の運転資金の資金調達のためにも利用されている例があります。

こういう人たちの場合は資金がショートしてしまうと不渡りを出すということにもなるので、それを防ぐためにもクレジットカード現金化を利用するわけです。

クレジットカード現金化について調べてみるといろいろな業者があることが分かります。利用者がうまい具合に利用することができれば、これほど便利なサービスは無いということが分かるのではないでしょうか。

しかし、グレーゾーンだからこそうまく使わないと誰も守ってくれないということにもなるので、クレジットカード現金化を利用するということは自己責任になります。

GREE にシェア
LINEで送る
Pocket

すぐにお金が欲しい!
初めてでも安心な現金化はコチラ